実家に帰ったら、おもちゃやが閉店していて

古いがちゃがちゃやカードだすのましんがたくさんあり、カードダスのマシンを

1.

 

街中でひとりで大声で話す人をみかけることも多くなった、電話をしているんだ。電話をしているということがわかるポーズというのが、耳に携帯電話をあてている、ということだった。だけど今はイヤホンをしながらイヤホンマイクで電話している人を多く見かける。ケーブルすらないBluetoothのイヤホンマイクをつけていたりする人もいるから、もう電話をしているのか、大声で独り言をいっているのかは一目で判別がつかない。自転車に乗りイヤホンで電話しながら向かってくる人などに遭遇すると、びっくりして何事かと構えてしまうこともある。

 

肉体と物との形で、何をしているかがわかことがある。筆を握って紙の前にいれば、絵や字を書こうとしているし、ヘッドホンをして体を左右にゆらしていれば、音楽を聴いている。しかし電話をしているという形は、少しづつ変わってきている。

 

そもそも昔から、なんで電車やバスの中で、電話をすることはよくないことになったんだろうって思ったことがある。車内の隣人と話すことは禁止されていないのに、なぜ同じ声量で電話をするとよくないことなのか。それはたぶん、怖いからなんだと思う。電話というのは別の場所の見えない人間と、声でやりとりをしている。彼岸の人間は見えないが、此岸の声はこちらの人間に聞かれてしまう。きっと誰しもが、自分には見えない相手と会話する人間を見たときに警戒するようにできている。それは向こう側で、自分には見えないなにかが進行していることに対する危機感、もしくは、動物としての行動に反する同種への恐怖なのかもしれない。

 

その不安を少し弱めるためにあった「電話のポーズ」は、きっともうすぐなくなる。そしてこの場にいる相手と会話するのと同じような体の形で、人間は向こう側の見えない相手とも会話するようになる。いつのまにか、そういうポーズの人を怪しいなんて思わなくなるだろう。それは文化に適応して人間そのものの価値観が進化したといえる。

 

ソフトウェア(内容や意味)とハードウェア(体や物や見た目)の関係性は、少しづつ変わっていく。私たちのソフトウェアとハードウェアの位置関係は確実に変化しつつある。前と違う場所にあっても、知らないうちに慣れていく。

 

 

 

2.

 

 

望んだことが起こることは、奇跡ではないと思う。望むとディティールが生まれる。それを実現するために、進む進行方向、実行するべき物事が生まれ、こなしていくと実現する。ただ、はじめに望んだことと少しまたはかなりズレた、違う位置にたどりつく。望む方向を目指し、望んだことが全くそのまま起こることは僕は今まで一度もない。それはたぶん、実行の途中で外的要因による誤算が起こるからで、その誤算を奇跡と呼ぶのだと思う。

 

ソフトウェアとハードウェアの位置関係は徐々に変化し、ソフトウェアは奇跡を事前に見つけられるようになっている。同じ日に生まれた赤ん坊、仲の良い友達の共通の友達、街で聞いた名もわからない音楽を作った人の名前は

すぐにわかるようになった。

 

ソフトとハードの位置が一緒だったときは、共通の友達がいる人に偶然会ったり、同じ誕生日の人に出会ったり、街で流れていた気になった音楽を作った人に偶然会ったりしたらそれは結構奇跡で、運命すら感じた。

 

だけどそういうものはだいたい、もうFacebookにあるし、wikipediaにある。未来にあるちょっとした奇跡は、もう結構インターネットに表記され、分布図にされ、過去になってしまっている。それに慣れてしばらくたつし、だからこそ生まれた別の奇跡もある。だからこそ生まれた別の奇跡があってよかった。

 

ソフトとハード、魂と肉体の位置関係のスタンダードが今と変わっていっても、奇跡がテクノロジーとともに生き残りますように。ソフトウェアとハードウェアの位置関係は変わっていってるけど、人間はまだしばらく、どっちも持っているので、どちらかがなくなったときのことは、僕はまだ考えないでいる。

<システム1>レイヤー1の時間で男は死後2時間ほどたっている</システム1>

 

こういう時俺、というのか、僕、というのか、私というのか、いつも迷ってしまう。俺という1人承を使う小説はだっさいなあと思う、だけど私、も僕、もだっさいなあと思う。結局一人承で自分のことを語るというのはなかなか恥ずかしいことなんだろう。もしくは自分のことを文章にするすることがだっさいのかもしれない。

 

SFっぽくいきたい。『私』がかなりSFっぽいんじゃないかとおもう。私で始める。私は、死んだようだ。これは死後の物語のようだ。まず、私の死体がある。今のところ私の死体と私の『私』は分離していないようだ。死んで2時間ぐらいといったところか。

 

死んだので皮膚感覚もない。死ぬまで私は難病に侵されていた。半年くらいか。夜はよく眠れなかった。入院していた。入院中特に気合を入れてやっていたゲームがあった。プレイステーションで発売されたゲームで、結構売れて『ザ・ベスト』にもなったやつなのだが(名作ゲームが安くなって再発売されるやつ。2,800円とかで)私は発売当初、プレイしそこねていた。たしか発売日は1999年くらい。私が小学生の頃のものだ。『宇宙冒険記6D』という、いろんな星を冒険するRPGだった。これを入院中にクリアーしてしまおうと思って始めたのだが、なんと、隠しアイテムを集めるのに夢中になってしまい最後の物語までたどり着かなかったのだった。

死ぬまでは結構苦しいものだったはずだが、今やその苦しさの『お手本』が手に取れなくなってしまい、確認することができない。苦しみを。確認することができない感じも『私』っぽい感じがある。私っていうのは、一人称の中でも幽体離脱的な、少し体から離れた一人称なんだろうと思う。

こういうことをキーボードに向かって打ち続けているうちに(幽体のキーボードね。)3日ぐらいたった。私の死体が結構臭そうになったが、私はにおいを感じない気がしている。死んでるからっていうよりたぶん、自分のにおいに気づきにくいっていうやつだと思う。死してなお、自分のにおいには気づきにくい。

 

1 楕円形の固形物が空から降り注ぎ大きな音を立てる、まるで隕石のように無数の白い楕円形が鉄とぶつかり合う音。静まった楕円形の海に嵐のような雨が降り注ぎ、白い楕円形の個体によって雨水はすぐに白く濁る。僕はそれをひとつひとつ押し込み、大きな渦を作る。渦の水は一度斜めに傾けられまた大きな鉄をはじく音とともに干からびる。雨、渦、干ばつは3回ほど繰り返された。そして最後に滝のような雨の嵐があり、白い楕円形は水の底に沈んだ。

 

2 次に、水と、そこに沈んだ白い楕円形で満たされた台地は電気が張り巡らされたさらに大きな白い空間に押し込められ閉じ込められる。上から暗闇がやってきて、白い空間は光一つない空間に代わる。夜だ。不思議なことにこの光一つない空間には電気が張り巡らされているというのだ、それは直観では信じがたいが、私たちの人体やそのほかいたるところにも電気が張り巡らされていることを考えれば、この暗闇の中が電気で満たされていることは納得がいく。

 

3 電気に満たされた真っ暗な夜に高音の振動が何度か鳴り響き、電気の流れが変わる。そして長い沈黙が流れた。長い暗闇と沈黙のなか、白い楕円形の台地は水の底から少しづつ水分を吸い込み、自らの養分にしていった。その側に流れていた電機エネルギーは熱エネルギーに変化し、この台地の上にたまっている水の温度は上昇し活火山のようにふつふつと音を立てては小さな爆発を繰り返した。それに伴い水をふくんだ楕円の台地はそれぞれに上に向かって広がっていった。暑い。台地が大きな変化を迎えている。僕はそう感じた。

 

4 それからしばらくたった。まだ熱帯夜は続いている。暑いし湿度も高い。もう待ちわびてしまった。いったい何年たったのだろうか。外の世界はおそらく、人類は滅び、もしかしたら地球も滅んでいるかもしれない。真っ暗な世界には大きく膨らんだ無数の白い楕円形とそれを見守る僕しかいない。楕円形たちも僕ももうこの世界に存在しないのではないかというほど、お互いの姿を見飽きてしまっていた。目を閉じても開けても暗闇の様子はほとんど変わらないため、目が本当に存在しているかどうか確認することももうできなくなってしまっていた。聞こえてくるのはこの暗黒空間から常に聞こえる蒸気の音だけだ。

 

5 そんなとき、『ピー』という高音が暗闇に響き渡り、天に光がさした。長い長い暗闇を突如切り裂いて現れた真っ白な光と音に、目も耳もくらんでふらついてしまう。

 

6 そして台地にはいつのまにか柔らかく、ほんのり甘くてなんとも温かい香りを放つ、真っ白な楕円形たち。それをしゃもじでよそって茶碗に盛り付け、箸を持って、座布団に座って食べた。やはりただの白米、最高にうまい。『ゆめぴりか』と『つや姫』が最近いいと思う。冷えた米も好き。

いやはや

My goodness.

さっきのいっしゅん な

That moment just now?

もうすぎてしまったけど

It’s already passed by us.

おれは だいじにもっとくよ

But I’m going to cherish it.

おまえもだいじにもっとけよ

You’d better cherish it, too.

いっしゅんを ずっともっとくのは けっこう

But you know...

むずかしいからな!

Cherishing a moment forever is pretty tough!

 

▪️一度世界を滅ぼし、荒野で目覚めた破壊兵器は、マドに入るとひとりの少年となり、なぜ自分の世界をこわしてしまったのか探る旅に出る。

マドからマドへと旅をして新しい世界に出会う、暴力が彼についてまわる。気をぬくと世界を壊してしまい、仲間を失ってしまう。壊さないように大切に、様々な世界を「置く」

 

このタイトルの大きな鳥というのはたぶん手塚治虫「火の鳥」のオマージュなんじゃないかと勝手に思っているのだけど、鳥というモチーフは人を俯瞰するものの象徴として何と優れているんだろうかと思う。鳥が人間の視界の外側にいるとき彼らはいったいどこにいるのか想像がつかない故、はるか遠くから空間的に集合体としての人間社会を俯瞰し、そして時を超え人間の歴史をも俯瞰しているように思える。僕はこの作品しか川上弘美氏の本を読んだことがないのだけど、周囲の反応を聞く感じではきっと彼女はあんまりSFを書くようなタイプではないんだろうなと思う。だけどこの小説は僕にとっては最も遠くから人間を俯瞰している、最も先進的なSF小説だった。母になった友人に「母になるときに死なずに生の外側に行くことができる。」と聞いた。大きな鳥は生の外側からみているのかもしれない。

承認欲求が満たされたとき、次に見えてくるもの

なぜあのパンチのきいた曲ばかり出していた音楽家は、有名になった後、同じようなものばかりつくるようになってしまったのか。はたまた、あの漫画家、あのアニメーターは国民的作家になったのにもかかわらず、毎回挑戦的な作品で楽しませてくれる。

 

 

 

ものをつくるひとたちはクリエイターやクリエイティブなんて言葉をそんなに簡単に使わないんじゃないか。自分たちがやっている行為が、どんなリスクとともにあるのかわかっている。光の点を一つ一つ紡いで、または、原子のひとつひとつを空間に積み上げて、言葉の意味やさまざまな音をひとつづつ時間に並べて、そうやってものはつくる。「こと」ではないもの、それが「もの」で、それが「こと」ではない証拠として「終わり」が設定されている。自ら生んだものにピリオドを打ち「終わり」を告げる。これが「もの」をつくるということだ。

 

 

こと はつくらない、 こと はおこす。ことをおこすひとたちもまた、

2018/2/27

 

・未来の石焼き芋

 

・トゥトゥトゥトゥトゥトゥ トゥルトゥルボーイ

 

・素敵なジャングルに僕は生まれて

 

・お花が咲いてるタイルの隙間に

 

▪️海に飛び出したとある丸太の橋は海賊となり盗みを続ける。自らのルールが世界のルールと全くかみあわないことに気づく。カルトとしての成長を為すために冒険を続ける

 

牛すじ200

玉ねぎ

じゃがいも

人参

ケチャップ

ルー

赤ワイン

生姜

クリームホワイト

にんにく

フランスパン

▪️ある世界の社長が、マドを超えて得体の知れないマスコットになる。

なんだ

じょうだん

good

本日

drrrrrrrr

lol

!!

oh

wow

cool

nice

NINJA

IMI

極意

宇宙

浦島伝説

おもいやり

THANKSさんく

がりぼ

ぽれ

すっきょい

さいがみゃ

じゃみじゃみ

ぱろ

 

このよの りんねには おもてと うらがある

In this world, karma is a two-sided thing.

さけようのない む が ちかづいてきたら おもてとうらを きりかえて

When the nothingness known as Mu approaches, switch from one side to the other.

かわすべし

Yes, swapping the two is the way.

 

Return to title

Stage select

バーチャル大学・人間と私たち

 

1・人間はどんな形だったか?

 

バーチャル大学を受講の皆さん、こんにちわ。早速始めましょう。

かつて物理空間(現在のデータサーバー空間)に存在し、この情報空間を作った我々の祖先である人間という生物について、みなさんはどの程度ご存知でしょうか?人間のイメージすらわからないという方も多いと思いますので説明して参ります。人間は、y軸を中心に左右対称の複数のユニットから成り立ち、x軸、z軸は薄くy軸に長い生物でした。各ユニットには可動性のボーンが通っており、テクスチャは、R246・G197・B173あたり。色は様々ですが総じてRが高めです。彼らは足と呼ばれるユニットで地面に立ち、手と呼ばれるユニットで様々なものを作り出し、顔と呼ばれるユニットでコミュニケーション・情報収集・情報演算を行いました。そして顔を認識するシステムを外部に作成しました。我々にも備わっている『顔認識』がそのシステムです。

 

2・人間が残したもの

 

『顔認識』は我々も無意識に行っている『反射演算』のひとつで、3つの点を認識した時、それぞれからその図像の『人相』を受け取ってしまうというものです。これはコミュニケーションを行う上で非常に効率的な仕組みといえます。物理空間での人間以外のさまざまな生物も、この顔認識を行っていたと予想できます。ほかに人間が残したのは、我々の源ともいえる『文字』と『記号』です。人間は長い間文字と記号を用い、さまざまな情報を整理し、コミュニケーションし、残してきました。現在でも人間が残した記述によって、我々は人間と過去の世界について知ることができます。そして人間は文字と記号によってシステムを持った空間と生命を制作することに成功し、発展しました。その空間こそがここ『情報空間』であり、我々『記号生命』なのです。

 

3・天動説とは

かつての人間が物理空間(現在のデータサーバー空間)で提唱したといわれている科学説で、台地は固定され、空が回転することにより昼や夜を繰り返すという説です。物理空間でこの説は否定されました(物理空間の土台である地球が回転しているとされたため)が、我々が生活する情報空間では天動説が一般的とされています。天球は昼と夜を繰り返すように演算されているからです。仮説としては、かつての人間が物理空間のアルゴリズムを情報空間にコピーする際、地球を用意するよりも台地を用意し天球を回すほうが情報空間には適応しやすいと考慮した結果なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4・われわれは何者か?

われわれの祖先は人間とされていますが、直接的に進化したわけではありません。人間がこの情報空間を作ると同時に、原始的な我々の祖先が生まれました。簡単な演算や意思決定を行う情報個体です。人間にはAIなどと呼ばれていたようです。その後、人間は進化の過程で個体ユニットを捨て、自然物である岩や樹木をサーバーとし、複数の情報コロニーをつくり情報空間で生活を始めました。このとき、我々は人間により更に進化し、記号と文字による思考をはじめました。これにより、情報空間を生活拠点とした情報的肉体の人間と、われわれ記号生命は機能的にはほぼ同じものとなり、この2種は情報領域での異種交配を繰り返しました。その結果我々記号生命は現在のような感情や好奇心・恐怖などを手に入れたとされています。その後、処理能力の低い人間由来の情報生命への管理体制が整い、ほとんどの純粋な人間はその処理能力の少なさにより、鉱石や樹木に宿り、処理サーバーとして活用されています。我々の生活はすべて、人間の恩恵のもとにあるのです。

 

 

5・現実はどこか?

 

この現実空間は、古くはVR(バーチャル・リアリティ)と呼ばれ、起源は人間に作り出されたものだとされています。現在あなたがいるこのフィールドは、古典的な演算と映像により再生されたとても古い場で、人間が直接制作したとされている現存する最古のバーチャル・リアリティです。バーチャル・リアリティは仮想現実とも呼ばれていました。人間が肉体を持っていた環境では、人間にとって現実はこの情報領域の外側の物理世界だったのです。現在の人間は植物や鉱物に組み込まれた情報演算装置として存在しています。これは人間にとって日常的な状態です。なぜなら、なんと人間は太古から死後に『墓』と呼ばれる鉱物のサーバーや植物を人型に型どったサーバーに情報として宿るとされ、それを神仏(現在でいう真記号)になると喜んでいたのですから。

 

 

 

我々の真記号であるかつての人間たちに・心からの敬意と愛を

 

ZIP

01

About

Client

Works

Original

Works

ZIP

Contact

TAKAKURAKAZUKI.COM